SNSでまともな出会いを見つける超具体的な方法を解説

離れていても知り合いの近況を簡単に知ることが出来るSNSですが、中には出会いのツールとして活用する方もいます。

本記事ではインスタやTwitterなどのSNSで出会いを見つける方法注意点、同じくスマホツールであるマッチングアプリと比較したメリット・デメリットを解説します。

広告

【注意】SNSの出会いがきっかけで発生した事件

SNSの出会いがきっかけで発生した事件

まず初めに、SNSを出会い目的で利用することの危険性について解説します。

近年SNSの出会いがきっかけで起こった犯罪事件は増加しており、2019年3月時点で18歳未満の子供の被害数は1811人にのぼることが警視庁の捜査により分かっています。

「自分は子供じゃないから大丈夫」と考えてしまう方は要注意です。

自分でなくとも相手が未成年の可能性もありますし、極論大人同士でもトラブルは起こります。

20歳と書いていても実は18歳未満かもしれない、実は既婚者でトラブルになるかもしれないなど、予測できる危険性は多くあります。

加害者にも被害者にもなりうるということを覚えておきましょう。

本当の情報が分からないネット上での出会いには十二分に注意することを頭において、本記事を読み進めてください。

SNSでの出会いから結婚や付き合うことは出来る?

そもそもSNSでの出会いに成功はあるのでしょうか?

実際にSNSに広がる成功者の口コミを紹介します。

実際に成功者がいることから、SNSでの出会いから交際や結婚をすることは可能なことが分かります。

では以下から、SNSの種類ごとに出会う方法を紹介します。

Twitterで出会う方法

お相手を探してフォローする

フォロワーのフォロワーを辿っていく場合や検索機能を利用して、お相手を探します。

希望のお相手がいた場合フォローをしましょう。

その際のポイントとしては、

  • お相手の固定ツイートがあればリツイートやお気に入りをしておく
  • 自分の人となりや趣味をしっかりと書いておく

以上を行っておくと、フォローバックが返ってくる可能性が高まります。

フォローバックが来た時の挨拶も忘れずに行いましょう。

アプローチの方法

Twitterで出会いを探すなら、ツイートもしくはDM(ダイレクトメッセージ)からアプローチをします。

お相手のツイートにコメントリプライ(返信)などをして仲を深め、DMで本格的にアプローチをする。という流れがおすすめです。

突然DMを送ることや、初回のフォローバックの挨拶の時からDMをズルズルと続けることは、あまり好まれないので注意が必要です。

また、お相手の設定次第ではDMが相互フォロワーでないと送れない場合もあります。

なのでDMの拒否設定をし、最初から知り合いのみしかフォローしないという鍵付きアカウントの場合、ツイート確認もDMも出来ないためアプローチはほぼ不可能と言えます。

Facebookで出会う方法

お相手を探してフォローする

フォロワーのフォロワーを辿っていく場合や検索機能を利用してお相手を探し、気になる方がいればフォローをします。

ここまではTwitterと同じですが、フェイスブックでは一つ一つの投稿でなく写真の多さやどんな生活をしているかが分かりやすい方が重要です。

ナンパ用アカウントなどは作らず、自分の人柄が分かりやすい普段から使っているアカウントの方が、相手も安心感を得てフォローバックされやすいでしょう。

アプローチの方法

フェイスブックでは投稿にコメントをして仲を深めることはもちろん、外部アプリ「Messenger」を利用することをおすすめします。

むしろMessengerでやり取りを行うまでいければ、ほぼ成功していると言っても過言ではありません。

TwitterのDMと同じく相互フォローになったからと言っていきなり送信するのは好まれないので、しっかり投稿で仲を深めることは忘れないようにしましょう。

Instagramで出会う方法

お相手を探してフォローする

インスタグラムもここまで紹介した2つと同じく、フォロワーのフォロワーを辿ったり検索機能を利用してお相手を探し、気になる方がいればフォローをします。

そしてインスタグラムでも、自分がどんな人間かが分かりやすい写真や投稿を多くしていれば、人柄が分かりやすいので相手も安心するでしょう。

特に仕事関係の写真などもあれば、信頼性にも繋がるので良いですね。

アプローチの方法

インスタグラムでは、投稿にあまり過剰に反応する必要はありません。

いいね!くらいはしても良いですが、SNSの中でもTwitterに並び投稿頻度が多いインスタグラムでは、一つ一つの投稿に毎回コメントをしていると逆に鬱陶しく思われる可能性があります。

なので、インスタグラムでは思い切ってフォローされた時点でDMメインでやり取りをするべきです。

投稿した写真やストーリーについて触れるような内容であれば、「同じ趣味なのかな?」と思われ仲良くなりやすいのでなお良いでしょう。

SNSとアプリ・・・どちらが出会いやすい?

SNSとアプリ・・・どちらが出会いやすい?

出会いやすさでいえば、圧倒的にマッチングアプリが勝っています。

それは、SNSが本来出会いのためのツールでないことが要因としてあります。

ユーザーもマッチングアプリの場合は登録している=出会いが欲しいと直結していますが、SNSの場合登録している理由は一貫していません。

マッチングアプリで既婚者にアプローチをしてしまっても「知らないしそっちが悪い!」と言うことが出来ますが、SNSで既婚者にアプローチをしてしまうと「知らなくて・・・」としか言いようが無いので、トラブルにも繋がりやすいです。

コストはかかりますが、変なトラブルに巻き込まれたくないならばマッチングアプリの利用をおすすめします。

初デート時のポイント!

初対面で実際の顔を見たこと無い同士の初デートは、今後の関係性を決定づける一番重要な瞬間です。

少しでも違うと思われたら「今日限りの人」となってしまうので、絶対に失敗はしたくないですよね、

声をかけた以上「選択される側」なので、初デートではとにかく「次も遊びに行きたい」と思わせることが重要となります。

最初は友達や知り合い程度の距離感だったとしても、機会があれば徐々に関係を変化させていくことが出来ます。

  • 共通の趣味やSNSで仕入れたネタを駆使して話題を途絶えさせない
  • 自分のプライベートな話も多くして不信感を無くす
  • 相手への気配りをしっかり行う

大まかですが、上記の事を意識するようにしましょう。

またそもそもの話ですが、プロフィール写真を大きく加工などして実物とかけ離れていた場合、デートプラン以前に相手にがっかりされてしまうので要注意です。

ダイレクトメッセージやコメントを送るポイント

ダイレクトメッセージやコメントを送るポイント

DMやコメントを送る際は慢性的にならないことに気を付けましょう。

SNSはLINEなどメッセージや通話することをメインとしたアプリでない分、アプリを開いてメッセージをチェックすることがどうしても面倒になります。

なので話は広げるようにしつつも、ネット上だけのやり取りで終わらないように出来るだけ早めにデートやご飯の約束を取り付けることをおすすめします。

相手の気持ちや立場を考えて、返信しやすく一言で終わらない内容を送信することが重要です。

結婚式での馴れ初めは何て言えば良い?

「SNSでの出会いがきっかけで結婚したら、馴れ初めはどう言われるんだろう?」

このような声がネット上で良く見受けられますが、結局は本人の意思によるところが大きいです。

「別に恥ずかしいことじゃないし、嘘をつきたくない!」と思うのであれば、正直にSNSがきっかけだと紹介してもらうことも良いでしょう。

幸いネット上での出会いについての認知度も高まってきているので、事前に伝えるべきところに伝わっていれば、さほど大きな問題になるということは無いでしょう。

しかし、やはり冒頭で紹介したようにネット上での出会いがきっかけで起こる犯罪も多いせいで、まだまだネガティブな印象を抱いている方も少なからずいます。

そういった方からの声やイメージから家族を守りたいというのであれば、「友達の紹介」「共通の趣味がきっかけで知り合った」という馴れ初めに変更することも一つの手です。

まとめ

snsの出会いまとめ

以上でSNSを使った出会いについてのまとめを終わります。

何度も言いますが、SNSは本来出会いを探すためのツールではありません。

共通の趣味を持つ人や地元の友人を探して、ネット上でやり取りを楽しむことが本来の用途です。

文中でも紹介したように、純粋に出会いを探したいなら同じスマホツールであるマッチングアプリの利用をおすすめします。

本記事が皆さんの参考になると幸いです。