パブリックスタンド渋谷店に潜入調査!本当に良い出会いはあるのか?!

こんにちは!非モテ婚活ライターのワカジツと申します。

普段はマッチングアプリをメインに利用して婚活に励んでいるのですが、今回は趣向を変えて『パブリックスタンド渋谷店』に突撃することにしました!

パブリックスタンドはざっくり言うと「ナンパ型のスタンディングバー」で、かわいい子が多いらしいです。(非モテ調べ)。

ただし自分から女性に声をかけないと会話すらできないので、かわいい子が多いけど、実力も必要という感じですね。

正直実力が0に等しい非モテには厳しすぎる環境なので、今回はおしゃべり上手なモテる先輩にお願いしまくって、一緒に来てもらうことにしました。

果たして、本当にいい出会いはあったのか!?

ぜひご覧ください!

広告

パブリックスタンド渋谷店へ訪問した2人の自己紹介

どんな2人でパブリックスタンドへ突撃したのか、簡単に自己紹介します。

非モテ:ワカジツ(筆者)
年齢:28歳
仕事:Webライター
特徴:おでんくんに似ている

マッチングアプリのペアーズで当日ドタキャンを受け、その内容を記事にしたところ、ペアーズ公式から「読んで心が痛みました」と同情されたことのある非モテ。

トークにキレが無いのが欠点ですが、黙っててもモテるわけではないので詰んでる感じがします。

モテる先輩:Mさん
年齢:30歳
仕事:無職
特徴:元ヒモ

共通の友人を通して知り合ったイケメン。

甘いマスク・トーク力・気配り完璧と3拍子揃ったモテ男。

久しぶりに会ったときに「もうヒモ生活に飽きた」というパワーワードをぶつけてきたので殴ってやろうかと思いました。

この2人で突撃します!

ちなみにMさんはヒモ生活に終止符を打ってから収入が激減したらしく、今回は3次会まで全部ぼくが支払うという契約を交わしました。

うまく行けば行くほどぼくの出費がデカくなるという悪魔の契約なのですが、モテ男の実力を目の前で勉強するための必要経費だと自分に言い聞かせて頑張ります。

土曜日の18時に入店。最初はお客さんが4人のみ。

ぼくたちが訪問したのは土曜日の18時すぎ。

ワクワクドキドキしながら店内に入ったのですが、どれだけ見渡してもお客さんが4人しかいませんでした。

女性は2人です。

店員さんに聞いたところ、18時オープンだからもう少ししないと人が増えないとの事。

ちょっと早く来すぎた感がありますね。

ただパブリックスタンドにはハッピーアワーというものがあり、20時までに入ると料金が1,000円安くなるんですよね。

それでいて朝まで滞在し放題なので、コスパを考えるなら早い時間から待機したほうがいいかも。

とは言ってもさすがに女性2人だけだと行動しづらいので、しばらく待機して様子を見ます。

ここでMさんからの提案で、2人ともWebライターで同業だという設定を作ることにしました。

「30歳、元ヒモです」は女性からしたら若干キツいかもしれないので。

10分経ったところで、モテ男がアプローチ開始

10分経過したところで、女性が2人追加で入ってきて人数が8人に。

とは言ってもまだまだ人が少ないので、ぼくたちも、もう一組いる男性陣も何もしないまま時が進みます。

ここでMさんが一言。

M先輩
M先輩
ワカジツくん、隣のオトナ女性か奥の若い子だったらどっちがいい?
ワカジツ
ワカジツ
え、若い子が良いです(即決)
M先輩
M先輩
おっけー。じゃあちょっと話しできるようにしてくる
ワカジツ
ワカジツ
!?

フラフラとグラスを片手に、女の子のもとへ向かうMさん。

え、こういうのって2人で攻めるもんじゃないの??

と思いながら様子を確認していると、和気あいあいと3人でバーカウンターに行く姿が。

M先輩
M先輩
おっけーでたよ。ワカジツくんもおいで
ワカジツ
ワカジツ
神様

ということで、店内に入って10分で、Mさんが最初の女性とのアプローチに成功しました。

一生奢ってもいいレベルの活躍。神。

女性と会話スタート!

相手はパーマのかかったロングヘア―がかわいい女の子と、活発な雰囲気が特徴的な女性の2人組。

ロングヘア―の子はテニスをやってそうなのでテニスさん、活発な子はレスリングをやってそうなのでレス子さんとします。

テニスさんは目鼻立ちがキリッとしていてすごく美人でした。

レス子さんも普通に明るくて素敵な感じだったのですが、やはり何度見てもレスリングをやってそうでした。

M先輩
M先輩
2人は何の知り合いなの?
レス子
レス子
昔バイト先が一緒だったんです~。アパレルで!
M先輩
M先輩
そうなんだ!だからオシャレなんだね
おお……サラッと褒めてる
ワカジツ
ワカジツ

Mさんはやはりさすがのトーク力で、小ボケを挟みつつ話題を広げてドンドン場を盛り上げてくれます。

ちゃんとトーク力が皆無のぼくにも話を振ってくれるので、4人で話してる感が出てすごく楽しい。

ただぼくは所々

M先輩
M先輩
部活は何やってたの?
レス子
レス子
え~私は~
絶対レスリングだろうなあ……
ワカジツ
ワカジツ

みたいにうわの空になることが多かったので、反省しないとダメですね。

でも絶対にレスリングだと思いました。(吹奏楽でした)

20時近くになり、2次会を打診

そこから和気あいあいと約1時間30分くらい話し続け、気が付けば20時が目前となりました。

するとMさんから1通のLINEが入ります。

M先輩
M先輩
(LINE)その2人連れ出すのと、他の女の子に声かけるのどっちがいい?

なんとMさんが(若干飽きたのか)展開を作ってくれようとしています。

ぼくとしては普段2次会に行く経験なんて無いし、話しもそこそこに盛り上がっていたので、連れ出しを選択

M先輩
M先輩
あ!もう20時じゃん。俺20時が最も元気になる時間帯なんだよね。だから他の場所で飲まない?

とんでもなく斬新な切り口でMさんが連れ出しを打診しました。Mさんの名誉のために言っておくと、もうすでに小ボケキャラができあがっているのでこれでもめっちゃ笑ってましたよ。本当に。

切り口はどうあれ、すでに和気あいあいとした空気がある。これは2次会も可能では!?

・・・・・・

・・・・

レス子
レス子
もうちょっとここで飲みたいかな~!!
ハイ残念!!

Mさんの実力でも連れ出しは叶いませんでした。

その後もしばらく飲むも、突然の終焉

連れ出しは失敗したものの、女性陣がどこかに行く気配が全く無いので、そのまま継続して飲むことに。

その間に店内は大量の人で溢れかえっていました。これが渋谷か……

テニス
テニス
私たちトイレ行きますね~

ここで女性陣がトイレに行ったので、残った2人で作戦会議。

M先輩
M先輩
・・・・・・どうする?
ワカジツ
ワカジツ
こういうときって他の人に行ったほうがいいんですかね?
M先輩
M先輩
いやもう少し様子みても良さそうだけどなあ。荷物はここに置きっぱなしだし、まだチャンスあるよ
ワカジツ
ワカジツ
そうなんですね!じゃあもう少し飲んでみましょうか
M先輩
M先輩
ワカジツくんに成功体験を作ってあげたいからね~~
ワカジツ
ワカジツ
やはり神様
テニス
テニス
ただいま~
よし!頑張るぞ~~!
ワカジツ
ワカジツ

4人「「ワイワイ……」」

―――数分後―――

レス子
レス子
ごめん、もっかいトイレ行きますね
ワカジツ
ワカジツ
はい~~
テニス
テニス
あ、荷物ロッカーに預けるから持っていきます~
ワカジツ
ワカジツ
はい~~

―――5分後―――

M先輩
M先輩
・・・・・・
ワカジツ
ワカジツ
・・・・・・

―――10分後―――

M先輩
M先輩
・・・・・・
ワカジツ
ワカジツ
これ帰ってますよね?
M先輩
M先輩
……そうだね
ワカジツ
ワカジツ
そっか~。めっちゃ急でしたね~。うまく行きそうな気がしたんですけど
M先輩
M先輩
……ワカジツくん、ごめん
ワカジツ
ワカジツ
え?
M先輩
M先輩
失敗しちゃった☆
ワカジツ
ワカジツ
何してんの?

結果:パブリックスタンドでいい出会いはゲットならず。

店内は相変わらず人が多くて、男性が7割以上いる状態だったので退店することに。

結局3時間くらい粘って、1組だけと話してフィニッシュ。

Mさん曰く完全に作戦ミスということで謝ってくれたのですが、ぼくだけだとMさんがいないと女性に声をかけられたかどうかも怪しかったのでむしろ感謝しています。

人の多い渋谷のパブリックスタンドの雰囲気を感じられたのですごく楽しかったのですが、個人的にはマッチングアプリを使ったほうが成果が出やすいなあと感じました。

今回パブリックスタンドで支払った料金は1人2,780円で1組と知り合うという結果だったのですが、マッチングアプリなら同じ料金で1ヶ月間ずっと女性にアプローチできますからね。

コスパを考えるとマッチングアプリのほうがダントツで使いやすいです。

ただパブリックスタンドもすごく楽しかったので、恋愛目的でマッチングアプリを使いつつ、たまにパブリックスタンドで楽しい時間を過ごすという二刀流が最強ですね。

ぼくもまた機会があればパブリックスタンドに足を運びたいと思います。

とりあえず今は無性にレスリングが見たいので、近くの体育館に足を運びますね。

では、最後までご覧いただきありがとうございました!

関連記事

マッチングアプリは合コンや街コンに行くよりも効率よく理想の相手を探すことが出来るので、利用者数も年々増加しています。 それに伴いアプリの種類も増えているので、「どれを使えばいいか分からない!」と考える方も多いのではないでしょうか? 自分[…]