結婚したい人必見!結婚できない原因7選と結婚するための具体的な方法を解説

人として生まれてきたからには子孫を残したい、一生を共に寄り添うパートナーと出会いたい・・・そう考えるのは人として自然なことです。

しかし、結婚というものはお互いの意思が合致して初めて成立するものでありますから、いくら自分に結婚願望があろうとも、自分を受け入れてくれる人がいなければ結婚は出来ません。

そして婚活市場においては「結婚願望はあるのになかなか結婚に至らない」という人が結構な割合でいらっしゃいます。

職場恋愛などであっさり結婚してしまう人がいる一方で、せっせと婚活をしているのにいつまでも結婚できずに売れ残り続けてしまう人がいる・・・。

結婚できる人と出来ない人、一体両者にはどんな差があるのでしょうか?

今回はそんな婚活界の永遠のテーマである結婚ができない人の原因についてフォーカスし、実際に結婚をするためにはどうすればいいのか、具体的な方法について解説をしたいと思います。

広告

結婚できない原因7選

自分を客観視出来ていない

婚活を長引かせる最大の理由は「自分を客観視出来ていない」。

大多数の人はコレが原因である言っても過言ではないかもしれません。

いわゆる「理想が高すぎる」と言われる人たちも、まさに自分を客観視出来ていないことが原因で自分に不釣り合いな人を求めてしまっているわけです。

30代や40代の男女で、若い頃にそれなりに恋愛経験のある人たちに多く見られる傾向です。

「自分はそれなりにモテる」

という過去の成功体験と自尊心から、自分の市場価値を見誤ってしまっているパターンです。

30代後半の女性が30代前半・イケメン・身長180cm・年収1000万円の人と結婚できるわけがないのです。

30代前半・イケメン・身長180cm・年収1000万円の人は婚活市場では需要が高く、色々な女性を選べる立場にいる人ですから、当然ながら可愛い20代の女性を選ぶんです。

理想が高すぎる人たちは、まずは自分を客観視できるようになる必要があります。

マッチングアプリなどを使って自分の物差しだけで婚活をしていても恐らく相手のハードルを下げることは出来ないでしょうから、こういう人たちは仲人型の結婚相談所にいって客観的なアドバイスをもらい、自分の市場価値を改めて自覚した方がいいでしょう。

    【改善策】

  • 第三者から客観的なアドバイスをもらう
  • 自分の市場価値を知る

出会いがないと言い訳する

毎日自宅と職場の往復だけで出会いがないと嘆いていませんか。

結婚したいけど、出会いがないという人は多いと思います。

けれど、出会いの場は自分の行動次第でいくらでも作ることができるので「出会いがない」は言い訳に過ぎません!

出会いの場に行ってないだけで、本気で結婚したいなら婚活パーティに参加してみてもいいし、マッチングアプリに登録してみてもいい。

今どき、ネットの出会いも珍しくありませんからね。出会いがなくて結婚できないと思っているのなら自ら出会いの場へ行ってみるべき!

結婚したいのにできないのを、出会いがないせいにしていてはいつまで経っても現状を打破できません。

    【改善策】

  • もっと出会いの場へ出向くべき
関連記事

大人になるにつれて「異性との出会いが減った」と考える人が多いようです。 例えば学生のころであれば学校や予備校などいくらでも異性と触れ合う機会があったでしょうが、社会人になって仮に異性の少ない職場に勤めることになろうものなら、面白いくらい出[…]

趣味に没頭しすぎ

結婚したいと思っても、趣味につかう時間が大半だとなかなか出会いに繋がらない可能性もあります。

もちろん、趣味がきっかけで出会いもあるでしょうし、それが今の幸せならそれでいいかもしれません。

だけど、それをずっと続けるわけにもいかないので盲目になりすぎないことに気を付けるべきではないでしょうか。

わたしも、趣味に没頭しすぎて恋愛が億劫になったりしましたが、時間だけが過ぎていくだけですからね。

四六時中趣味のことを考えるのではなくて、もっと広い視野で周りを見てはいかがでしょうか。

    【改善策】

  • 趣味に盲目になりすぎない
  • 広い視野を持つ

メンヘラ・ネガティブ・自分勝手

ちょっとしたことで落ち込んだり、すぐにネガティブな発言をする人といっしょにいて楽しいでしょうか?

もちろん、弱音を吐きたくなることも多くあるかと思いますが、それがしょっちゅうだと重いですよね。

かまってちゃんは彼氏はできるかもしれないけど、やはり重いので結婚はなかなか出来ません。

また、常に何かしら文句を言っていたり噛みつくのも気を付けたほうがいいかと思います。

あなたが正義感のつもりで言っている発言、まわりにとっては気を使うだけですし面倒。

自分の意見を主張するのは大切なことですが、ただ文句を言っているだけでは反感を買っているかも?

    【改善策】

  • 自分のことだけではなく相手の立場も考えた行動をしよう!

今は一人でも平気

メンヘラと対局しますが、たくましすぎて一人でも生きていける性格も、結婚できない原因の一つ。

今は独身貴族を謳歌してもいいかもしれません。けれど40代50代になった時もその生活を続けられますか?

また、一人の時間を満喫できたとしてもそれが一生続くのは本当に幸せなのか考えて見てください。

筆者は一人の時間大好きです。一人で一日中家に引きこもってるかと思えば、突然一人で海外旅行も行くし、自由に行動できるソロ生活を満喫していますがやはりふと寂しくなるときってありませんか?

実際筆者はしょっちゅうあります。

だって、海外旅行から疲れた体で家に帰ってきても誰にも迎えられないんですからね!

新鮮なうちに話したい旅行の土産話を聞いてくれる人がいないんです!!

そんな時こそ結婚していれば…と思うもの。一人でも平気でたくましく生きれるのももちろん素晴らしいですが、一生続けられますか?

歳を取って身動きがとれない体になっても助けてくれる、助けてくれる人なんて身内だけ。

40代や50代になった時に、そろそろ結婚したいと思っても手遅れになっている可能性が高いですよ。

    【改善策】

  • 一生独身でいいのか?歳を取った後のことも考えてみる

周りに独身が多い

周りが独身ばかりだと結婚が身近ではなく、「あいつもまだ独身だし…」と安心してしまいませんか。

年齢をかさねるごとに周りも結婚していき話が合わなくなってくるかもしれませんが、結婚したいのなら個人的には独身同士でつるむよりも既婚者の友達の話を聞いたほうがいいと思います。

旦那さんとの話や、もし子供がいれば子育ての話など、自分にとってはまだ未知の話題かもしれませんが知らないことの話を聞くだけでもより結婚に対する意識は変わってくるのではないでしょうか。

もちろんいい話ばかりではないかもしれませんが、それものろけのうちですからね!

周りに独身ばかりいると自分もまだいいやという気持ちになりそのままズルズル時が経つだけ…

しかも、今独身同士の友人だってもしかしたら婚活を始めているかもしれないし、いつの間にか自分だけ周りに取り残されるかも…

既婚者は既婚者で独身のあなたがうらやましいかもしれませんが、それはないものねだりのうちに過ぎないです。

    【改善策】

  • 独身同士で傷を舐めあっても現実逃避に過ぎない
  • 既婚者のアドバイスも聞くべき

結婚したいと周りに公言していない

結婚したいと思ったら友達や同僚など周りの人たちに公言するだけでも違いがあります!

変なプライドがあって「結婚できないんじゃなくてしない」と言っていたら「結婚しないキャラ」が周りにも定着して結婚の話題がタブーになる場合も。

周りに結婚したいことを公言していれば、知り合いから婚活中の異性を紹介してもらえるかもしれないし、アドバイスだってもらえるはず。

若さに甘えていたり、いつか結婚できるハズと思っていても、何もせず勝手に結婚相手が現れる訳ではないですよね。

「結婚したい!」と言のがはずかしいと思う人も多いかもしれませんが、絶対そんなことはない!

周りに公言することにより、条件のいい人を紹介してくれる可能性だってあり!

婚活を公言して行動に移している人のほうが、何もせずにこじらせている人より早く結婚出来て当然。

最近では、職場でも「結婚しないの?」なんて話すらセクハラになりかねません。そのため、職場での雑談のなかでも結婚の話題も出しにくい環境にあります。

周りからも恋愛や結婚の話題を出しやすくするために、結婚したいことを公言した方がいいです。

    【改善策】

  • 結婚したいことを周りに公言する

今はまだ結婚はいいや、と思っている

今は仕事もプライベートも充実していて楽しくて、結婚したいけどまぁもう少し独身を楽しんでから婚活してもいいかな、と思っている人も多いかもしれません。

でも、良く考えて!

結婚したいと思った時にはもう遅いかもしれません。

筆者が何度か結婚相談所にお話を伺った際に、女性は35歳・男性なら40歳までが華というお話を伺いました。

子供が欲しいなら、なおさら結婚は早いに越したことがないんですよね。

婚活は結婚したくて仕方がないと思う前に初めておくべき。

というのも、婚活スタートして成婚までいくつかのステップを踏まなくてはなりません。

まずお会いして何度かデートして、真剣交際に発展(3ヶ月くらい)、その後成婚(さらに3ヶ月)と進行していきますが、一人のお相手と合ってトントン拍子に成婚まで繋がる確率はかなり低いです。

早くても1年は見ておくべきなので「結婚したい!!」と思ってから始めていては遅い。

さらに子供のことを考えると、女性はタイムリミットがありますし、男性も会社員なら定年までの時間を考えると結婚はやはり早い方がいいですよね。

今の生活をもう少し続けたいからと言っていたら、本気で結婚したいと思った時に手遅れになりますよ。現実をみつめるべき。

    【改善策】

  • 結婚にはタイムリミットがあることを頭にいれて行動に移す

結婚をするための婚活ツール

結婚をするためには「婚活サービス」を必ず利用してください。

結婚に意識が向いていない人を振り向かせ、お付き合いをし、さらに相手の結婚の意欲を高めるなんてのは非常に難易度が高いです。

本当に結婚をしたいという意思があるのなら、恋愛結婚をしたいという願望は捨ててください。

婚活サービスを利用している人たちは皆「結婚したい」という意欲があるので、そういう人たちと出会うのが結婚への最短ルートです。

ただし!昨今、数多くの婚活サービスが登場しておりますが、どんな婚活サービスを利用してもいいというわけではないので注意してください。

相席居酒屋

男女の出会いの場として数年前に鳴り物入りで婚活市場に参入してきた相席居酒屋。

しかし、相席居酒屋は出会いの場としてはいいものの、婚活サービスとしては全くオススメ出来ません。

そもそも男女ともに結婚に対する意識が低いからです。

女性は食べ物も飲み物もタダですから、男性をテキトーにあしらってタダ飯だけ食いにきているような乞食のような人が女性が結構な割合で存在します。

男性側も、頑張って2次会に連れ出してあわよくばお持ち帰りが出来ればいいなと考える人が大半です。

相席居酒屋を婚活のツールとして使うのはやめておきましょう。

婚活パーティー・街コン

婚活パーティーや街コンは異性との出会いの場として数年前は注目されるようになりましたが、近年ではそのブームにも陰りが出てきています。

その理由の一つとしては「身元の不確実性」にあるのではないかと筆者は考えております。

例えば結婚相談所では「独身証明書」や「収入証明書」といった各種証明書の提出が必要ですが、婚活パーティーや街コンでは必要ありません。

ですから、既婚者が紛れ込んでいたり、年収を偽るような人も平気で参加出来てしまうんです。

もっとたちが悪いと、ネットワークビジネスの商品を購入させるためだけに参加しているネズミ講なんかもいたりします。

月に1回気分転換で利用する分にはいいかもしれませんが、婚活パーティーや街コンを主軸に婚活をするのは効率が悪いのでやめておいた方がいいでしょう。

マッチングアプリ

ここ数年手軽に婚活が出来るツールとして市民権を得たマッチングアプリ。

当サイトとしても婚活ツールとしてマッチングアプリの利用を推奨しておりますが、現実的に成婚を目指すためにはどのマッチングアプリでもいいわけではありません。

マッチングアプリはざっくり

  • 婚活アプリ
  • 恋活アプリ
  • デーティングアプリ

の3つに分類することが出来ます。

婚活アプリはその名の通り「結婚したい男女」が利用するアプリですが、恋活アプリとデーティングアプリはそうではありません。

恋活アプリは結婚相手を探すアプリではなく、あくまで彼氏・彼女を作るための恋愛活動アプリですから、利用者の結婚に対する本気度はそこまで高くありません。

デーティングアプリに関しては「今日一緒にお茶できる人」「明日一緒にお酒を飲める人」を探すアプリであり、それこそ”デートをすること”が目的のアプリですから、彼氏・彼女のカップリングにすら至らないケースもあります。

以上の理由から、本気で結婚相手を探したい人は婚活アプリを利用する必要があるわけです。

結婚相談所

「3ヵ月以内に結婚をしたい」
「本気で結婚をしたい人とだけ出会いたい」

といったように、効率的に婚活をしたい人にオススメなのは結婚相談所です。

結婚相談所は昔からある婚活ツールですが、やはり会員の結婚に対する本気度の高さはあらゆる婚活ツールの中でもダントツに高いです。

その理由として

  • 料金が高い
  • 証明書の提出が必要
  • 肉体関係を持つと強制的に成婚退会扱いになる

などが挙げられます。

料金が高い

結婚相談所によって料金システムは異なりますが

入会金10万+月会費1万円+お見合い料5,000円+成婚料20万円

あたりが相場です。

1万円以下で利用できる婚活パーティーやマッチングアプリに比べると明らかに結婚相談所は料金が高いです。

しかしそれは言い換えると、結婚相談所はそれなりの収入がある人しか利用できませんし、長く居続けると料金がかさんでしまうので本気で短期成婚を目指している会員が多いのです。

証明書の提出が必要

結婚相談所は「独身証明書」や「収入証明書」といった各種証明書の提出が必要です。

すべての証明書を揃えるのにはそれなりの手間がかかるわけですが、そのひと手間がかかることにより結婚の意思がない人にとっては入会のハードルが高くなりますし、既婚者や年収を偽る人たちが紛れ込むことも出来ないわけです。

肉体関係を持つと強制的に成婚退会

多くの結婚相談所では成婚をする前に「肉体関係を持つ」ことを禁止しております。

仮に肉体関係を持ってしまうと、強制的に成婚退会扱いとなり、成婚料が徴収されることになります。

この規約があることで、カラダ目的の男性を排除することができます。

途中まで男女ともに結婚する意思があったのに肉体関係を持ったことで男性側の結婚のモチベーションが低下する、なんてことも防ぐことができます・

婚活ツールを使い結婚する具体的な方法

相席居酒屋にいく必要はありません。

合コンや婚活パーティーにも参加する必要はありません。

結婚相談所とマッチングアプリだけを使いましょう。

結婚相談所を主軸に婚活をしつつ空いている時間にマッチングアプリを利用する。

これが結婚に近づくための最も効率的な婚活方法です。

ちなみに結婚相談所といっても婚活全般のお世話をしてくれる仲人がいるところを選びましょう。

仲人はお見合い相手を探してくれるだけでなく、皆さんの性格や外見に関するアドバイスをしてくれるので、自身を客観視する機会が得られます。

第三者からの客観的なアドバイスがもらえるというのは婚活において非常に有益です。

結婚が出来ない人に共通しているのは「自分自身を客観視出来ていない」点ですから。

結婚相談所で客観的なアドバイスをもらいつつ、マッチングアプリで実践をしてみる、というスタンスが結婚に近づく具体的な婚活の方法です。

まとめ

やはり、漠然と結婚したいと思っているだけでは何も進展しませんよね。

結婚したいけど今はまだできなくてもいいから、ゆっくり考えようと思っている場合ではありません。

いきなり結婚相談所に登録して!とまでは思いませんがマッチングアプリなど手軽に始められる婚活をしてみるだけでも意識が変わってきますよ。

なんなら、結婚相談所を活用しても成婚できるのは4人に1人と言われている現状。あらゆる手段を活用するべき。

普段の生活では出会えないような相手と出会えるのもマッチングアプリのメリット。

結婚したいならまず少しでも行動あるのみです。

こじらせてないで変なプライドは捨てるべき!